2020/10/02

『ウィルを待ちながら~インターナショナル・ヴァージョン』
公演再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い延期となっておりました『ウィルを待ちながら~インターナショナル・ヴァージョン』は、2021年7月3日(暫定)~11日(日)に、こまばアゴラ劇場での公演が決定しました。


2021年度こまばアゴラ劇場ラインナップでも確認できますが、そこに記載されている日程は小屋入りからの日程です。公演初日は後日、正式に発表します。

シビウ国際演劇祭・ロンドンツアー公演を経ての凱旋公演の予定です。

 

なお、Kawai Project vol. 4 "Waiting for Will" (abridged, subtitled in English)の動画はこちらからご覧になれます。
初演時のもので、出演者は田代隆秀さんと髙山春夫さんのみでしたが、「インターナショナル・ヴァージョン」では文学座の石田圭祐さんにポッツォに相当する役としてご参加いただきます。
新たに生まれ変わる『ウィルを待ちながら』にご期待ください。

Kawai Project代表 河合祥一郎

 

2020/09/17
Kawai Project 番外編 『リア王』リーディング公演 開催のお知らせ

→終了しました!ありがとうございました。

2020/07/07

『リア王』音声版配信

2020年度シェイクスピア祭に上演を予定していた「リア王」リーディングの音声版がついに完成いたしました。

配信はこちらからお聴きいただけます。

4月からZoomによる稽古を重ね、音声を何度も何度も収録して編集に編集を重ねた努力と汗と愛の結晶です。

効果音を含めた本編集はプロの斎藤裕喜さんにお願いいたしました。

テキレジをして100分に収めてあります。カットなしの翻訳は今秋、角川文庫より刊行予定です。

 

リア王=髙山春夫

ゴネリル=西岡未央

リーガン=山﨑薫

コーディーリア/道化=藤井咲有里

エドガー/フランス王=西村壮悟

エドマンド/バーガンディー公=梶原航

グロスター伯爵=チョウ・ヨンホ

ケント伯爵=山田健人

オールバニ公爵/騎士/老人=今井聡

コーンウォール公爵/騎士/隊長/召使い=白川哲次

オズワルド/召し使い/使者/医者/紳士=河野賢治

音響・編集=斎藤裕喜

翻訳・演出・編集=河合祥一郎

また、キャストの一部を入れ替え(コーディーリア/道化=山﨑薫、リーガン=田村彩絵)、音楽に後藤浩明、照明に松本永・佐々木夕貴を迎え、2020年9月に高円寺K’sスタジオにてリーディング公演を行う予定です。詳細は河合祥一郎ブログやKawai Projectホームページで発表いたします。ご期待ください。

Kawai Project vol. 6『ウィルを待ちながら~インターナショナル・ヴァージョン』

公演延期・中止のお知らせ

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、本年6月に予定されていましたシビウ国際演劇祭は1年延期となりました。

また、感染拡大が続く現状を鑑み、7月4日(土)~12日(日)に予定されていましたこまばアゴラ劇場での公演は、主催側の劇場と相談の上、これを中止とさせて頂くことにいたしました。

シビウ国際演劇祭には来年参加いたします。

ロンドンツアー公演および日本における凱旋公演は改めて予定を組み直すことになりました。

ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

Kawai Project代表 河合祥一郎

2020/04/16

​『ウィルを待ちながら』海外公演のお知らせ

Kawai Project vol.6『ウィルを待ちながら~インターナショナル・ヴァージョン』は

2021年6月シビウ国際演劇祭(ルーマニア)に参加します。

同時にロンドン公演を行い、7月に東京で凱旋公演を打つ予定です。

 

詳細決定次第発表いたします。

2019/08/03

第11回小田島雄志・翻訳戯曲賞 特別賞

Kawai Projectは
第11回小田島雄志・翻訳戯曲賞 特別賞を受賞いたしました!
観劇・応援してくださった皆様、ありがとうございます!

© 2020 Kawai Project