Kawai Project Vol.3

こまばアゴラ劇場主催公演、CAPI協力

『ゴドーを待ちながら』

終了しました!
1178人の方にご来場いただきました。
​ありがとうございました!

 『ゴドーを待ちながら』と言えば、長年、髙橋康也・安堂信也訳が定番でした。わが師である髙橋康也と一緒にダブリンで『ゴドーを待ちながら』を観たとき、劇場が笑いの渦に巻き込まれていたことに衝撃を受けた私は、原作がもつ力をもう一度丁寧に吟味しなければならないと感じていました。ですから、原田大二郎さんと高山春夫さんが「死ぬまでに一度『ゴド待ち』をきちんと演じたい」とこのたび演出を依頼してくださったとき、私はまよわず1952年のフランス語版を、ベケット自身の英語版を参照しながら、新たに訳すことにしました。但し、既訳とは異なり、1952年の初版ではなく同年に出た第二版を底本にしなければならないと判断しました。第二版こそが英語版の元になっており、ベケット自身が改定を加えた版だからです。

 この作品をどう解釈するかは、ベケットの書いた原文をどう解釈するかに大きくかかってきます。師を乗り越えることができるかどうかはわかりませんが、そう務めるのが弟子としての義務でしょう。シェイクスピアのみならずベケットにおいても、やらねばならぬ仕事が多々あると思うのは、最期の病床でベケットの本を求めたほどベケットを愛した師の思いを継いでいかなければならないと思うからです。

 この新訳と演出とを以て演劇史を塗り替えたいと願っています。それくらいの気合いでやらなければ師は許してくれないでしょう。

 公演日程​

2016年10月19日(水)~30日(日)

場所

こまばアゴラ劇場​

予定しているチケット料金(全席自由席)

一般前売り=3500円  当日=4000円  U-25=2500円  高校生以下=1000円  

カンフェティで取り扱い

http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=35172&

※U25・高校生以下の前売チケットは引換券扱いとなります。
当日受付で年齢が確認できる証明書をご提示下さい。入場券にお引換いたします。
 

​CAST

ヴラディーミル

原田大二郎 (はらだ だいじろう)

テレビ・映画・舞台に活躍する俳優であり、明治大学特別招聘教授。

代表的役にテレビ『Gメン ’75』関屋一郎警部補役や、蜷川幸雄演出『夏の夜の夢』オーベロン役などがある。

エストラゴン

高山春夫 (たかやま はるお)

早稲田小劇場(SCOT) 出身。

松竹、こまつ座、演劇倶楽部座、ホリプロのほか、蜷川演出の「オイディプス王」や蜷川シェイクスピア・シリーズにも「リチャード三世」「コリオレイナス」をはじめ多数出演。

ポッツォ

中山一朗 (なかやま いちろう)

1990年、水戸芸術館劇団ACMに入団。

その後、SCOT、静岡県舞台芸術センターSPACを経て、2000年退団。

「リア王」、「デュオニュソス」などで主役を演じて海外公演にも参加。

2002年に日中合作映画「王様の漢方」に映画初出演。

2004年、時代劇「丹下左膳~百万両の壺」に出演。

ラッキー

稲葉能敬 (いなば よしたか)

劇団唐組を経て、1999年劇団桟敷童子旗揚げより参加。

てがみ座『乱歩の恋文』で乱歩の若いころの平井太郎を熱演し、王子小劇場より助演男優賞を受賞。

少年 (ダブル・キャスト)

宮下紘樹 (みやした こうき)

劇団ひまわり所属。フジTV「めちゃ×2イケてる~めちゃギントン~」ほか出演。

 

古閑理 (こが さとる)

劇団東俳所属。NTVアニメ「ばらかもん」、映画「すべては君に逢えたから」、舞台 パルコ劇場「ツインズ」ほか出演。

STAFF

照明    富山貴之

音響    星野大輔(サウンドウィーズ)

舞台監督  小田史一(NON GATE THEATRE)

​制作    久保庭尚子・伊藤香津代

制作協力  Real Heaven

【主催】こまばアゴラ劇場

【協力】CAPI

​【著作権代理】​フランス著作権事務所

© 2020 Kawai Project